着古し ルームウェア

着古しをルームウェアにしないように

家でくつろぐためにルームウェアを着ていたのは、独身だった若い頃です。
とはいっても、お洒落なルームウェアからは程遠いものでした。
ウエストは基本ゴムで、楽なものがメインです。
そしてルームウェアを買おうと思ったことがありませんでした。
普段着がくたびれてきて、ちょっとその辺に買い物に行くのにもためらうほどに
くったくたになると、ルームウェアに転身していたわけです。
だから穴が開いているのものも珍しくないし、すそが擦り切れているのも当たり前でした。
妻であり母でもある現在、むしろ独身の頃よりも、まともなルームウェアを着るようになりました。
お洒落のためというよりは、そのまま、外に出られるものを着ていないと、
ちょっと外にでるたびに着替えることになるからです。
ルームウェアは通販で買うことが多いです。
よく使うのはベルメゾンです。
ベルメゾンだと、カタログにも部屋着に特化したページもあって、
オリジナル商品を買えば、近所で同じものを着ている人に会うことはめったにありません。
最近では重ね着に見えるトップスや、また上から下までコーディネイトされたものも多くあって、選ぶ苦労もなく、お洒落なルームウェアが手に入ります。
自分の気分をよくするためにも、着古したものをルームウェアにするのはやめようと思っています。


ルームウェアはその辺にお買いものにいけるぐらいがベスト

おじさん

中年男性です。
ルームウェアといえば、今まではほぼだらしのない中年男性同様にスェットスーツの上下がせいぜいよれたジーンズに、会社の販促グッズで余ったトレーナーを着ておりました。

 

休日、近くのコープ、コンビニ、郵便局に行くことは多々あります。
めんどくさいのでよれたスエットのまま出かけますとそんなときに限ってご近所の方とお会いするのです。
先方は小奇麗な格好、こちらはよれよれです。

 

家人にも出るときはよれよれの格好で出ないで欲しいというお達しがありまして、
その辺のお買い物にも着替えて出るようになりました。がこれが結構わずらわしいのです。

 

着替えて脱ぎっぱなしのスエットスーツをリビングにほったらかしにしているとこれまたみっともないと文句が出ます。

 

それならと、最初から部屋の中でもこざっぱりした服装をしてみました。
下は綿パンツ、もしくはコーディロイのパンツ。上はオクスフォードの綿シャツで、
気候に応じてカーディガンを羽織る。これがくつろげないかと思ったらなかなか気分がいいのです。

 

そのまま出かけられるメリットもありますが、なんといっても気持ちも引き締まります。
ベルトのあるパンツというのがメタボ対策にも多少効果がありそうです。

 

オンではもっぱらスーツです。オフではくつろげる服装、
けれどもだらしなくはない服装を心がけるようにしています。


30代半ばのルームウェアの現状

Tシャツ黒

私(30代半ばの男)のルームウェアは暑い時期はTシャツと短パンで、
寒い時期はトレーナーとスウェットのズボンを身につけています。

 

特にメーカーのこだわりはありませんが、
唯一こだわっているのが元々外で着るために買った服でそれがくたびれてきた物というところです。
このくたびれ具合がとても重要です。

 

部屋でのんびりダラダラ過ごすのには首回りがヨレヨレになったTシャツやトレーナーが最高に適しています。
新品の物だと首周りや全体的にしっかりとしているので息苦しく感じてしまいます。

 

スウェットのズボンもゴムが若干伸びてきている物が理想です。
しかし最初からゴムが伸びているものはないので、
新品を買う際は若干大きめなサイズを買うようにしています。

 

しかし、ルームウェアとしては最高に適しているこの部屋着にも弱点があります。

 

それは突然の訪問者の対応です。宅急便や新聞の集金人、
近所の人が持ってくる回覧板などどうしても玄関まで行って対応しなくてはならないケースがあります。

 

手が届く範囲に何か羽織れるものがあればそれを羽織って行けますが、
何も無い場合はそのまま玄関まで行って対応しなくてはなりません。

 

ヨレヨレで何度洗っても落ちないシミや小さな穴の開いたルームウェアで玄関まで行くときはとても恥ずかしいです。
それでもこの着古したルームウェアがお気に入りです。


選び方のコツ「ルームウェアはリラックスできるものが一番」

リラックスタイム

私は部屋の中ではリラックスしたいので、
もうお出かけすることがない場合は外出先から戻るとすぐにルームウェアに着替えます。

 

雑誌や通販カタログなどを見ていると可愛いルームウェアには憧れますが、
主婦なので家事をしなければならないので、おしゃれなものよりも、やはり実用的なものを選んでしまいます。

 

袖はまくりやすくて下がってこない事が私の部屋着の必須条件です。
あとは、ゆったりとして締め付け感のあまりないものが好きですね。

 

ズボンは、ヒモで縛るものではなくゴムのものが好きです。
ヒモタイプのズボンはずれてくることが多いですからね。
ジーンズみたいな固い生地だとリラックスできないので、肌触りの良い柔らかい素材のものをよく選びます。

 

ジャージは、私的にはおしゃれにはほど遠く、見た目は少し悲しいものがありますが、
実用的なので全然OKです。
ただ、宅配便などの訪問者が来ると出なければいけないので、
ボロボロのトレーナーとか穴が開きかけのものとかは恥ずかしいので無理です。

 

基本的にはルームウェアを着ている状態で外出することもないし、知り合いに会うことはないので、
可愛いかったりおしゃれなものである必要はないです。だから安い物で十分です。
基本的にユニクロの安いルームウェアを買うことも多いかな。


おしゃれにしたいとは、思っています。

ブランケット

夏場と冬場ではかなり違いますが、夏の室内用はほとんどTシャツに短めのパンツです。
軽くて汗とりの良い材質にしています。

 

冬の室内用は、裏起毛の付いたトレイニングウエアに近いものが多く、
もっと寒くなるとその上からブランケットを着ます。

 

現在のブランケットは、袖がついたガウンケットになっており、両手も自由に使えるので、
軽い家事や読書、パソコン作業等に便利です。

 

暖房の節約にもなり、あったかで快適です。丈が180cmありますので、
動かない時等は良いのですが、少し丈が長く感じる時もあります。

 

150cm位の物もあるのですが、
足元が少し寒く感じられ180cmの下を少し折り曲げたりして使用しております。
165cm位のものを探していますがなかなかありません。

 

小さくたためばクッションにもなるので、持ち運びも出来ます。
急な来客時は、トレイニングウエアにカーディガン等をはおります。

 

ル−ムウエアも、おしゃれに気を使いながら家事をこなして行かないといけないと思いながらも、
家庭内の仕事の事を優先にしてしまいくつろぐと言う事に程遠く作業しやすいものにしています。

 

家の中もモデルルームの様にきれいに整理整頓して、
素敵なルームウエアを着て過ごしたいと毎日思います。


機能を優先したいルームウェア

機能性

私のルームウェアへのこだわりはいくつかあります。

 

まず一つ目は、当たり前といえば当たり前のことですが、リラックスできることです。
身体を締め付けずゆったりと着られることは、ルームウェアの基本と言えるでしょう。
外出着は、多少身体に負担がかかってもかっこよく着こなしたいという気持ちが強いのですが、ルームウェアの場合は着心地が最優先されます。
サイズがゆったりしていることの他に、素材が天然のもので肌触りが良いことも大切です。

 

次のこだわりは扱い方が楽なものです。
洗濯がしやすくて、干す時もわざわざシワを伸ばしたりする作業をしなくてもよく、アイロンをかける必要がないものを選んでいます。

 

その次にこだわりたいのは動きやすさです。
ルームウェアだから大きめのサイズのものがいとはいえ、大きすぎると動きにくくなってしまいます。
ルームウェアを着て家事をすることも多いので、動きにくいタイトなロングスカートや幅が広すぎるパンツなどは、私はあまり好きではありません。

 

これらの条件をクリアしていて、なおかつかわいいデザインのルームウェアを着たいですね。
かわいさが一番最後だなんて、と思われるかもしれませんが、ルームウェアは着心地などの機能を優先したいというのが私のこだわりです。


プーマのジャージはデザインと質が◎

プーマ

冬の時期、わたしは仕事から帰るとすぐにプーマ(PUMA)のスウェットやジャージに着替えます。

 

これらはサッカー専門ショップで有名なKAMO(サッカーショップ加茂)で買ったものです。
上下セットで20000円ほどと少し値は張りますが、プーマのブランドのものはデザインが良く、
とても気に入っています。

 

わたしは小さいころからプーマのブランドが好きでした。

 

サッカー日本代表のカズがいつもプーマをかっこよく着こなしており、
小さいころからサッカーをしていたわたしにとってあこがれだったからです。

 

わたしは学生時代からずっとプーマのスウェットやジャージを部屋着にしていますが、
これは部屋着専用というわけではなく、サッカーをするときに着用するものの中からその時使用していないものを部屋着として着る、ということです。

 

小さいころからサッカーばかりやっていたので、わたしにとってオシャレといえばジャージでした。
今でも、家でも外でもジャージを着ているときが一番落ち着き、心が安らぎます。

 

プーマは世界的なスポーツブランドなので、ジャージやスウェットの質はとても高いです。
冬用のものは保温性が高く、とても温かいです。
伸縮性のある素材を使っているようで、とても動きやすいです。

 

デザインもオシャレで、わたしはブラックとグレーのシックなものがお気に入りです。
コンビニまで出かけるようなときにも十分そのままの服装で行けるので、部屋着としてお勧めです。

 

ゆりかごから墓場まで、プーマのジャージで過ごしたいと思っています。


主婦の部屋着に求めるものは・・・

料理中の主婦

現在専業主婦として家事に従事する生活ですが、
今の生活を送るようになってから部屋着に対する考え方が変わって来ました。

 

以前は部屋着に対してリラックスできるということと、
ちょっとした買い物程度には問題なく出掛けられるようなスタイリッシュ性を求めていました。

 

ですが専業主婦になって家事を一手に引き受けている現在、何よりも動きやすさを求めるようになりました。

 

専業主婦の家事は一日に渡ります。朝起きてすぐの朝食の準備や後片付けに始まり、家の掃除や炊事など、途中途中の休憩は挟みますが基本的に一日中動いているようなものです。

 

中でも掃除は体全部を使うことが少なくないため、より動きやすいルームウェアを求めるようになりました。
硬いベルトを付けたデニムなどでは体をかがめてお風呂掃除はやりづらくてたまりません。

 

また炊事も一日に何度か行います。その時にどうしても調理中の油や調味料がはねてしまうことが多く、
以前よりも汚れても気にならない程度のルームウェアを好んで着るようになりました。

 

毎日料理をしていると、時には一度染みついてしまうと落ちない汚れが付くこともあります。
そんな時にあまり高価なルームウェアを着ているととても落ち込むためです。

 

家事を行う主婦にとっては、
やはり動きやすく汚れても気にならないルームウェアが最も適していると思っています。


関連ページ

部屋着はセール品のTシャツなどを購入します
私は外出先から帰ったら、よほどのことがない限り、外に出たくないので、 かえってすぐ、部屋着に着替えてしまいます。

おすすめのブランドはここ!